アンプルールのニキビ跡効果・シミになったときのケア方法

アンプルールはニキビ跡がシミのように茶色く残る場合のケアができる万能な美白コスメです。購入者の66%が「シミ」に悩む方、シミといっても色々なタイプがありますので、どんな症状に良いのかわからない方もいると思います。

ニキビ跡はいつまでも肌に残りひどい場合はクレーターのような凹凸ができることも。ニキビがなくてもニキビ跡を正しくケアしないと肌の老化が始まった際にあらゆるデメリットを招きますよ。では早速ですがアンプルールでニキビ跡を改善するポイントについてご説明したいと思います。

アンプルールがシミ系ニキビ跡によい理由とは

ハイドロキノンが「BCDAC」という特殊な物質で包まれているため刺激がなく長期的に美白ケアができる。

ハイドロキノンはすでにあるシミを白くする肌の「漂白剤」ともいわれる強い働きが特徴です。茶色のニキビ跡は肌を汚れて見せる原因なのでできるだけ薄くしたいと思うのは皆さん同じでしょうね。

アンプルールは一般的なシミや肌のくすみ対策として悩みに特化したコスメです。シミ系のニキビ跡によい理由はハイドロキノンが「BCDAC」という特殊な物質で包まれていること。この物質には抗酸化成分や整肌成分が配合されていますので、皮膚にハイドロキノンが直接触れず刺激がなく長期的に美白ケアができます。

また時間をかけて角質層内で美白成分が溶けだすため、スキンケア効果が長時間持続することも特徴です。アンプルールはシミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が開発したコスメなので、肌の作りを理解した本格的な美白が期待できます。

ニキビ跡に美白は必要なの?

ニキビ跡はすべて美白だけで回復するとは限りませんが、紫外線でメラニン色素が活発になり茶色く残る色素沈着タイプは美白ケアが有効です。茶色のニキビ跡は年齢を重ねるごとに普通のシミと同じく目だつ傾向があります。このタイプのニキビ跡は保湿しながらもメラニンの働きを抑制するケアが必要になるので美白が欠かせません。

様々な美白成分がありますので、ニキビ跡が多い肌は負担の少ない美白コスメがオススメ。一般的なコスメに含まれる美白成分は刺激が強く肌が乾燥しやすいデメリットがあります。肌が乾燥すると皮脂がさらに分泌されて毛穴の詰まりに原因に。すると大人ニキビもできやすくなるためニキビ跡のケアが逆に肌環境を乱す可能性もあるので注意してくださいね。

ニキビ跡の消し方・必要なことはなに?

ニキビ跡の消し方は種類によっても異なりますが、肌をきれいにすることだけでなくニキビ跡がある肌環境は今後も肌の土台を整えるためにケアが必要です。まず大切なのは肌の再生力を高めること。角質層が新しく生成されるにはターンオーバーのサイクルを整えることがポイントです。そのためには角質層の奥まできちんと到達する保湿ケアが必要不可欠といえるでしょう。

またニキビ跡はそのままではさらに外部刺激により症状が悪化することも考えられますので、肌を常に清潔にするために洗顔は丁寧に摩擦しないよう行ってください。ニキビ跡で悩む方は若い年齢層とは限らずメイクで肌が凸凹になるなど何年もトラブルが続く可能性があります。肌環境や肌年齢に合わせた保湿ケアを見直し肌本来の再生力を強化してください。

様々なタイプのニキビ跡について

ニキビ跡はスキンケアだけでは完全にできない場合もあり、ひどい症状だと皮膚科やクリニックでの治療が必要になる場合もあります。ニキビが発生するのは角質肥厚、ニキビ菌の増殖、ストレスや生活習慣などあらゆる原因があります。

正しくニキビをケアしないと肌に跡が残ることがニキビのやっかいな点。ニキビ跡のお手入れは軽視されがちなところなので、まずは種類の違いについてみていきましょう。

茶色

ニキビ跡に紫外線などの刺激が加わると茶色のニキビ跡に変化します。これは色素沈着している状態でメラニンが関係しています。赤いニキビ跡をきちんとお手入れせずに放置した場合、このようなシミにみえるニキビ跡になってしまう可能性があります。

赤いニキビ跡

色の赤みは炎症が残っているサインで、ニキビが収まっても1年以上赤みが続く場合は、皮膚の表面がニキビのダメージにより薄くなっている可能性があります。そのため透けて皮膚が赤く見えてしまい、いつまでも痛そうなイメージがあります。

ケロイド

ニキビをひっかくなど傷によりニキビ跡がケロイドに残るタイプ。はっきり原因は明らかにされていません。傷がきっかけで症状が進行し皮膚が盛り上がった状態。できやすいのはフェイスライン、背中、肩、胸など、場合によって痛みを感じることもあります。

クレーター

ニキビが化膿して傷が真皮に到達して破壊されるニキビ跡。真皮が修復された部分とできない部分の差が凸凹になって残ってしまいます。この状態のニキビ跡を平にするのはスキンケアだけでは不可能ともいわれていますので、レーザー治療などを受けることも検討しないといけません。ニキビを雑菌の多い爪で触るなど無理な力を食わるとクレーターの原因になります。

まとめ

アンプルールはニキビ跡のケアだけでなくシミ予防、くすみ改善などエイジングケアも一緒にできるので、透明感のある美しい肌を維持したい方にぜひオススメです。ニキビ跡の悩みはすぐに改善しないかもしれませんが、予防と合わせてアンプルールをコツコツ続けることがポイントですね。

\ 累計生産300万本突破 ↓↓ /新安定型ハイドロキノン

 

コメントは受け付けていません。